FC2ブログ

うみかぜ美肌マーケット

あまりお金をかけずにスキンケアしたい

シリアルブランサンド

kaldiに売っていたシリアルブランサンド。
パイナップルが好きだから気になって買ってみた。

なんだかヘルシーな感じがする。
4種類の穀物を配合したザクザク食感のビスケット。
小麦ふすま、ロースト玄米、オートミール、コーンフレーク

ブランサンド①
ココナッツオイル&チアシードwithパイナップルクリーム

ブランサンド②
アサイー&チアシードwithマキベリークリーム

ごま油めかぶ

数ヶ月前、めかぶブームだったらしい。
スーパーでめかぶがすごく売れていて、品薄状態だった。
めかぶは血糖値を下げるらしい。

ブームの前からたまにめかぶともずくは食べていたけれど
最近のお気に入りは、ごま油めかぶ。
ごま油のタレがおいしい。
何度か食べていたのにもかかわらず全然気付かなかったが
このごま油のタレはかどやの純正ごま油を使用している。
私はそのまま食べたり、豆腐の上にかけて食べています。

めかぶ①
めかぶ②

ヘアセットアシスタント

スクールを修了後、ネットで探したヘアメイク事務所のヘアセット講習を受講することに。
講習を修了すると現場でアシスタントまたはスタイリストとして働けるという仕組みでした。
ちなみに私が受講したのはキャバクラのヘアセット講習。
受講後はキャバクラにアシスタントとして派遣される。

まだ仕事は辞めていなかったので仕事が休みの日に受講していました。
講習日は確かその当時はほぼ毎日あったような気がします。
自分の行ける日に受講するスタイル。
確か週に何日も受講してもよかったと思います。

自分の練習用のウィッグをスクールに持っていって、それで練習する。
ヘアスタイルの課題がいくつかあって、最初に講師が見本を見せてくれる。
その後、自分でそのヘアセットを練習用のウィッグでやってみる。
そのヘアセットを見て講師が合格と言えば次に進める。
ダメだとずーっと合格するまでそのスタイルを練習しなければならない。

私が通いはじめた頃はそんなに生徒数が多くなかったらしい。
だから講習の途中でも現場に出てアシスタントをしたり
上手な人はスタイリストとしてヘアセットをしていました。

キャバクラ以外の現場もあって、希望者はテレビの現場などにも行っていました。
物凄い早い人だと1ヶ月ぐらいで講習修了してたのかな?
だいたい3ヶ月~6ヶ月ぐらいで修了する人が多かったような。
私は相変わらず下手だったので長い間受講していました。

ある時から講習に行かなくなった時期がありました。
なぜ行かなかったかは覚えていません。
たぶんもうヘアセットの仕事は諦めようと思って行かなくなったんだと思います。
でも結局、理由は覚えていないがまた講習に行きはじめまし”年齢がネックで紹介できる所がない”と言われました。た。
数か月ぶりに行ったら生徒が増えたようで、講習修了後でないと現場に出れないとルールに変わっていました。
私は1年半ぐらい通っていたような気がします。

なんとかアシスタントとして現場に出れるようになりましたが、相変わらず下手だったのでメインで教えてくれた講師の人のアシスタントにつくことに。
私が行っていた現場は18:30~22:30の4時間。
アシスタントは時給ではなく、日給1000円で交通費込み。
スタイリストは経験によって時給が変わるみたいだけど、1500円~2500円だったと思います。
日給1000円で交通費込みは確実に赤字、交通費だけで1000円かかる。

私は他にも仕事をしていたので金曜日の夜のみ勤務。
キャバクラのヘアセットだけでは生活できないからほとんどの人が掛け持ちで仕事をしていました。
私が所属していたヘアメイク事務所で、メインのスタイリスト達は雑誌、舞台、テレビなどのヘアメイクの仕事もしていました。
私が所属していた事務所は、キャバクラのヘアスタイリストを2年やれば、キャバクラ以外のヘアメイクの仕事をさせてもらえると言っていました。

私の現場はスタイリスが3人か4人いたけど、スタイリストは固定ではなかったので、毎回いろいろなスタイリストが来ていました。
有名芸能人のヘアメイク担当している人も人手が足りないからといってキャバクラの現場に入っていました。
大手ヘアメイク事務所に所属していて、夜はキャバクラのヘアセットしている人も結構いました。
フリーでヘアメイクしている人もいたし、昼間は美容師をしている人もいました。

キャバクラでのヘアアシスタントは、苦痛でした。
私が担当していたキャバ嬢たちはキツイというか性格が恐ろしく悪い人が多かった。
特にアシスタントの私なんて人間扱いされず、クソ扱いでした。
私達は仕事をさせてもらっている立場だから何も言えない。

私はやっぱりこの仕事向いてないなと思い、完全にやる気をなくしていました。
いつ辞めようかなぁ~といつも考えていました。

たぶん1年ちょっとアシスタントとして働いていた時に私をずっと指導してくれた講師に呼ばれました。
私が担当していたキャバクラはビルの×階にありました。(忘れてしまった)
さらにそのキャバクラの系列店が同じビルの上の階にありました。
その上の階のキャバクラが閉店するので、上の階の担当スタイリストが×階を担当することになりました。
そこでアシスタントの私は現場から外されることになりました。
講師からは”別の現場を紹介するよ。何でも相談にのるよ”と言ってくれましたが、私は心の中で潮時だなと感じ辞めることを決心。
私はたぶん”わかりました”と笑顔で言って帰宅しました。

下手だったし、スタイリストとしてデビューできそうにないからリストラされてもしようがない。
でも私としては、なぜかほっとしました。
それ以来、ヘアメイク関係の仕事はしていないし、またやろうとも思っていません。
ヘアセットのことも詳しいことは誰にも言っていません。

辛いことの方が多かったけれども、経験できないことをたくさんできたことはよかったと思っています。
ヘアメイクに対する情熱もなくなっていたし、私って中途半端な人間だなぁ~って思いました。

ヘアメイクスクール

主に就職ガイダンスの話です。
私にとってはヘアメイクスクールに通っていたことは黒歴史。
新しく知り合う人達には絶対に言わない。

私は30代後半、東京のヘアメイクスクールに1年間通っていたことがあります。
20代の頃、ヘアメイクスクールに通って、美容関係の仕事に就こうか、それとも会社勤めの事務職にしようか迷っていましたが、結局は事務職として働くことを選びました。
事務職を選んで後悔はありませんでしたが、ヘアメイクスクールにも通ってみたいという気持ちがあって、30代の後半でしたが通ってみました。

まずは体験レッスン、体験レッスンはたしかプロのヘアメイクさんがメイクするのを見てるだけのものでした。
体験レッスンの時は楽しく、やってみたいなと感じたのですぐに入学を決めました。

私は働きながらスクールに通っていたので週1回または2回の通学。
私のクラスは人数が多い方で1クラス15人ぐらいいました。
私と20代後半の女性が1人、そして男子1人以外は10代、20代前半の女子ばかりでした。
私とその男子は完全に浮いていました。
20代女性は人見知りしない感じの人で美容師免許も持っていたのでそんなに浮いてはいませんでした。
私はその20代後半の女性ぐらいしか話せる人がいませんでした。
全くクラスの雰囲気に馴染めませんでした。

授業を受けてみて、私が想像していたものとは違うなと感じました。
自分の顔をメイクするのと人の顔をメイクするのは全然違う。
私は人の顔をメイクするのは向いてないなぁと気付きましたが、授業料を1年分払ってしまったのでとりあえず通いました。

もともとはエステティックサロンの方に興味がありましたが、現役のエステティシャンの話を聞いてかなりブラックな仕事なんだなと思い諦めることに。

私はメイクが下手だったので講師や生徒に嫌味をよく言われました。
下手な生徒に対してはボロクソに言う講師も何人かいました。
下手だから言われてもしょうがないんですけれど。
生徒でもわざと意地悪してくる子がいて、どこにでも意地悪な子はいるんだなと感じました。

一番印象に残っているのは就職ガイダンス。
ガイダンスは全員参加しなければならないと言われ参加しましたが、これはあとから気付いたことですが、かたちだけです。

クラスで同じ日にガイダンスを受けたのは20代後半の女性と男子と私の3人。
ヘアメイクの会社、美容部員、サロンなど、どの仕事を希望しているかを聞かれ、応募できそうなところを紹介してくれるというもの。


▼男子の就職ガイダンス

そこで同じクラスの男子がガイダンス担当者にボロクソに言われていました。
その男子は見た目はイケメンでもおしゃれ系でもなく、真面目な感じの普通の男子でした。
美容部員希望とのことで担当者に”めがねをかけている美容部員はいない”
"めがねをかけているとしてもおしゃれな感じでめがねをしている"
”肌が荒れている美容部員はいない”みたいなことを言われていました。
”あなたは真面目だからきちんと就職してほしいと思っているから言っている”と言っていました。
一応、最後にフォローはしていたものの、みんながいる前でそこまで言わなくてもと思いました。
そのガイダンス担当者は美人で某有名外資系化粧品会社の美容部員でした。


▼30代後半、私の就職ガイダンス

私はヘアメイクではなく、ヘアセットをするヘアサロンを希望しました。
応募できるサロンがあるので、応募しておくと言われましたが2週間経っても連絡もなし。
担当者に聞いてみたら”他にも同じサロンに応募したい人がいるので一緒に応募する”とのこと。
なんか怪しいなぁ、絶対応募する気ないよと思い、自分で探し始めました。

結局、1ヶ月後に”応募したサロンは店長が北海道に出張に行っているから教える人がいないから”という理由で断られたと言われました。
さらに”年齢がネックで紹介できる所はがない”と言われました。
”教える側が自分よりも年上を教えるのは教えにくい”とも言われました。
どう考えても嘘でしょ。店長だけが教えるわけじゃないでしょ。絶対に応募自体してないんだと思いました。
私は”自分で探しています”と言ったら担当者は”そうよねぇ”と言われました。
年齢が高くてもヘアメイク事務所で働いている人もいるとは言っていたけれど、それは稀だと思う。
相当頑張らないと難しいと思う。
結局、自分でヘアセットの会社を見つけて、そこのヘアセットの講習を受講することに。


▼20代後半の女性の就職ガイダンス

同じクラスの20代の女性は美容師免許を持っていて単発でヘアメイクの仕事もしていました。
ヘアメイクスクールを申込んだ後に仕事が決まったらしい。
ガイダンスで”ヘアメイク事務所は紹介する所がないけれど、サロンなら紹介できる”と言われたらしい。
その女性はサロンじゃなく、ヘアメイクの仕事がしたくてこのスクールに入ったのに。
サロンなら自分で探せるのにと言っていました。
だけどヘアメイクの講師には”あなたならヘアメイクの仕事が見つかる”と言われていました。
単発だけど、一応経験もあるし、美容師免許も持っているので。

結局、仕事が見つかってないという人がほとんどで就職できた人がいるのかは不明。
私が年齢で断られるのはわかるけど、20代後半女性でも紹介できる事務所がないってどういうことなんだろう?

スクールで出会った人ではありませんが、好きなヘアメイクアーティストさんがいて、その人に”アシスタントにしてください”と頼んで、アシスタントにしてもらったという人がいました。
授業で講師に自分をアピールして、自分からどんどん行かないと仕事は見つからないよと言われました。
私はそーいうタイプではないなぁ。

サンゴールドキウイ

黄色いキウイも買ってみました。
1個目は熟れていてすごく甘かったけど
2個目はまだ熟れていなかったようで酸っぱかった。
早く追熟するには冷蔵庫に入れずに常温で保管するらしい。
私はすぐに冷蔵庫に入れて保管していた。

サンゴールドキウイ

鮭はアスタキサンチンという成分が入っていて
このアスタキサンチンは抗酸化作用がある為、美肌効果があると言われています。

お弁当のおかずによく鮭を入れます。
料理は得意でないのでただ焼くだけ。
最近はトースターで鮭を焼いています。
理由は一番簡単で、一番きれいにおいしく焼けるから。(私の場合は)
ちなみに私の使っているトースターは、バルミューダトースター。

魚焼きグリルは後片付けが大変。
フライパンは鮭の焼き加減みてなきゃならないし
フライパンも洗わなきゃいけないから。

鮭

プチプラマスカラ

最近はプチプラマスカラを使っています。
このマスカラはドン・キホーテで500円で売っていました。
でも定価は1200円のマスカラ。
試しに1本買って使ってみたら、なかなか良かったので買い足しました。
ちなみに私のまつ毛は短くて少ないかわいそうなまつ毛です。

以前はランコム派でランコムのマスカラ以外使ったことがありませんでした。
今は特にこだわりはないので毎回違うプチプラマスカラを買っています。

かな~り前ですが物凄くつけまつ毛が流行った時期があったような…
私もつけまつ毛を付けていた時期もありますが、どうも私の肌には合わない。
目の周りが痛痒くて赤くなるので、やっぱりマスカラ。

マスカラ
ティアラガール Fibermax ボリュームマスカラ&ロングマスカラ

朝食ゴールデンパインヨーグルト


パインヨーグルト

パイナップル味だし、期間限定だから買ってみた。
やっぱり夏はパイナップル。

ララクラッシュ パイナップル味

久しぶりにララクラッシュを買った。
パイナップルが好きなのでパイナップル味の物が売っていると欲しくなってしまう。
暑い夏はこーいうツルンとした物が食べたくなる
ララクラッシュってトクホなのね。
私はどちらかというと噛み応えのある蒟蒻畑派なんだけど。
でもどっちも好きだけど。

ララクラッシュ

ララクラッシュ②

お豆腐

仕事のある日の夕食は基本的にはお豆腐を食べています。
お米代わりにお豆腐を食べていますが、全然アリ。
それだけではお腹がいっぱいにはならないので他にも食べていますが。
最近はおかずにたくあんを食べています。

私の場合は炭水化物を控えているわけではなく
(むしろ炭水化物を取りすぎている)
お米を炊くまでに時間がかかるし、お釜を洗うのが面倒臭いので
お米代わりにお豆腐を食べています。
洗い物を減らすためにお豆腐をお皿に乗せず、容器のまま。
1人だからこんなことをしても誰も文句は言わない。

豆腐

お豆腐に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてくれるので美肌効果もある。
そしてヘルシーな上に価格が安い。

この前、お米がなくてお昼にお米代わりにお豆腐を持っていったら
腹持ちが悪くて仕事の途中でお腹がすいてしまった。
なのでお豆腐は夜だけ。